レコーダーでの再生はTMPGEnc Authoring Works 4で編集

親に見せるためにTMPGEnc Authoring Works 4を使って編集しています。

デジタルカメラで撮った写真や動画を編集してレコーダーで再生しています。

自分たちで見るにはパソコンで見れますが親はもう年なのでパソコンは無理で私たちが居ないと操作はできません。

自分たちが行った時しか見ない物ならパソコンとテレビをつないで見れば良いですが、私たちが居ない時にパソコンがないし、あっても操作できないのでTMPGEnc Authoring Works 4で編集したものを持って行って見ては楽しんでいます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

TMPGEnc Authoring Works 4の操作の方法

動画を編集する時は新規作成からファイルを保存してある所からファイルを選んでください。

スライドショーを作る場合静止画をスライドショーとして取り込むを選択します。

TMPGEnc Authoring Works 4

私は写真をじっくり見たいので1曲に10枚の写真を選びます。

TMPGEnc Authoring Works 41

音声はパソコン内に保存している音楽ファイルを選んで上げます。

その時は音声1のみを選んでください。

音声1といってもステレオです。

TMPGEnc Authoring Works 412

後は参照ボタンで好きな音楽を選んでスライドショー全体時間を音声1の時間と同じになるように調節するを選んでOKボタンを押して完了です。

TMPGEnc Authoring Works 413

後はパソコンの支持にしたがってください。

自動でDVDに焼いてくれたりもします。

今はノートパソコンにHDMI端子が付いているので自分で操作するにはテレビにつなげてみんなで見れるので便利です。

昔はこのパソコンが無かったので音声とか接続が面倒でDVDをこのソフトで作っていました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)