動画編集ソフトTMPGEnc Video Mastering Works 5でH.264

動画をキャプチャーする時はSONY製のレコーダーに録画したものをパソコンに取り込んでいる。

編集してHDDに保存するのが目的でパソコンを自作しましたが、最初はTMPGEnc Video Mastering Works 5でなくaviutl99g4を使っていましたが、音声が出ないので競馬番組をカット編集するときに困った為TMPGEnc Video Mastering Works 5に変えました。

ドラマなどはコマーシャルカットだけなので音声が出なくても編集できましたが、競馬番組はそうは行きませんでした。

何でもそうですが動画編集ソフトを使うにはコーディックが必要で、私はx264をインストールしました。

それで編集が完了する時はmp4という拡張子になります。

綺麗な画像でファイル数も小さくお勧めです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

TMPGEnc Video Mastering Works 5で編集方法

私の使い方ですが、TMPGEnc Video Mastering Works 5を使うのですが先にx264というコーディックをインストールします。

これはもう忘れましたが、検索したら無料でダウンロードできます。

それからPV4でキャプチャーした動画やデジタルカメラで(you tubeにアップする為)キャプチャーしたものを編集します。

PV4でキャプチャーしたものも1280×720ピクセルでD端子のD4を使って取り込んでいます。

色々試しましたがD3だと1920×1080ってフルHDなんですがD4の方が綺麗でした。

まずはカット編集してフィルターをかけてエンコードに入ります。

圧縮は1280×720ピクセルで映像ビットレートは2900で音声ビットレートは96です。

tmpgenc5

フィルターで音声は約3倍で250にしています。

PV4は音が小さめですから…

後はバッチエンコードにして終わりです。

cpuh67
CPUは100%に行きませんが8スレッドもあるので速いです。

チップセットはH67です。CPUは2600kです。

BTOパソコン(PC)のことならパソコン工房通販ショップ

タイムラインモードで高度な編集方法も見てください

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)