メーカー製P/Cやリカバリーできない人はWindows10は無理

最近のメーカー製のパソコンはWindowsだけでなくアプリも一緒にハードディスク上にあるのでWindows10が無料でアップグレードできるからってリカバリーディスクも作ってないでアップグレードしてしまうとハードディスクにあったリカバリー領域も消えてしまっている。

Windows7やWindows8などのOSは修理に出せばお金はかかるが治すことができるが入っていたプログラムなどのアプリは復元できない。

最初にパソコンを買ったらリカバリーディスクを作りなさいとうるさく出てくるはずだ。

それをほったらかしにしていていざWindows10にアップグレードして不具合がおきてしまって元に戻しても不具合がそのままってよくあるのでWindows10へのアップグレードはやめといたほうが良い。

Windows10不具合多すぎ

Windows10にアップグレードも3回ほど挑戦したが全てダメだった。

でもWindows10をクリーンインストールするためのメディアを作成できるサイトがあるのでリカバリーできる人はそちらで作ってクリーンインストールしなおしたら上手くいくかもしれないってちょっと思った。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

リカバリーディスクは必ず作成する

自作パソコン以外やとくにハードディスクにリカバリー領域があっても何にもならない。

いざハードディスクが壊れたなど対処のしようがない。

メーカー製のパソコンはアプリも一緒になっているので厄介だ。

自作パソコンはリカバリーディスクがなくOSディスクをインストールするだけだ。

あとチップセットもインストールしないとネットに接続できない。

パソコンは自分である程度いじれるようにならないと無料でWindows10にアップグレードするのは絶対にやめたほうが良い。

メーカー製のパソコンには各メーカーのサポートがあるので、そこでリカバリーディスクの作り方が載っている。

中にはリカバリーメディアと言うところもあるので同じなので気を付けてください。

リカバリーの仕方などわからない人はググったら色々と出てくると思うので調べてほしい。

そして印刷して保存してほしい。

くれぐれもパソコンには保存しないようにしてほしい。

リカバリーの意味がなくなるから。

どのOSもリカバリーの方法は同じだ。

アプリは作らないといけないがオフィスはマイクロソフト側で最初からメディアになっているはずだ。

大切に保管してあるはずだ。

もしWindows10にアップグレードして不具合が起きたらOSを元に戻すのだけど不具合のまま戻る場合が大半だ。

結局リカバリーすることになる。

だからリカバリーできるようにスキルを身につけておくか、順番をメモしておくことをお勧めする。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)