パソコン購入はメモリが大事

最近のパソコンのOS(オペレーション・システム)は動きが重たくXPみたいにサクサクと動かすには大容量のメモリーが必要です。

メモリーとは

IMG_9616
このような物でパソコンの記憶装置です。

1度この中に記憶されてCPUで処理されます。

WS000000

CPU使用率も0%なのにOSを動かすだけで3GBぐらいメモリを使用している。

さまざまな物が黙っていても動いている。

ウイルスソフトや時計などいろいろと動いています。

大体4GB以上のメモリが付いたパソコンは大丈夫見たいだが、それ以下のメモリが付いている場合は、動きが重たく感じたりする場合がありかもしれません。

OSがXPの場合は1GBもメモリが有ればサクサク動いていましたが、最近のOSは重たいです。

32ビット版のOSでは3GBまでしかメモリが認識しなく、今流行っているのが64ビット版です。

仮想メモリと聞いたこと有ると思いますが、たとえば2GBしかメモリが付いていなく実際には3GB必要になった時にHDDに仮想メモリが作ってあり、それを使う必要があります。

私みたいに8GBもメモリが付いていると仮想メモリは必要なくHDDが仮想メモリを使う分開ける必要がなくHDDを使わない分動きが速いです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

パソコン購入はディスクトップ64ビット

今のOSを動かすのには、もはや32ビットじゃ足りないです。これから購入するなら断然64ビットでディスクトップパソコンで省スペースはNGです。

今流行りの省スペースを購入するならノートパソコンで良いのでディスクトップの意味がありません。拡張性が全くありません。後になって熱を持つからファンやクーラーを付けうとなると省スペースパソコンなら無理です。

普通のミドルタワーケースに入ったディスクトップなら壊れたとこだけ取り換えられますし掃除も簡単です。掃除についてはこちらを見てください。

1番大事なのがメモリですが32ビット版のOSではてきぱきと動くパソコンは望めなく64ビット版のOSしか大容量のメモリを認識してくれず今や64ビット版のOSしかパソコン購入は勧めません。

買ったばかりから遅いわけではないですが、長く使ってると動作が重たく感じたり遅くなったりします。ネットを見て開くのが遅いなどは向こうのサーバーは悪いためでこちらのパソコンのせいではありません。

どうせ買うなら後悔のしないように選んでください。

お勧めパソコンはショップのBTOディスクトップ64ビットでこちらにも書いてあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)