おすすめパソコンはBTOディスクトップ

各ショップで高性能ハイスペックBTOパソコンが格安で販売されています。

自分でパソコンを組み立てられない人用というか、かえってショップのプロたちが組み立てるパソコンですからトラブルや不都合は有りません。

自分で組み立てた方が何かが違うとか、完璧にするまで時間がかかったりします。

IMG_9919

この写真は自作でのパソコンですが今はもう3年くらい経っているので完璧に動きますが、DVDドライブを付けるのにマザーボードと接続する線が合わず違うDVDドライブを購入したりで要らない出費がありました。

最初から完璧に行けばいいのですが、そうもいきません。

パソコンはBTO

BTOはショップで組み立てられたパソコンなので安く済み、安いのにハイスペックです。

ショップで買って持ち帰るのは殆ど無理に近いです。

パソコンケースだけでも、もの凄く重たいですから、おまけに高さがありますから下に引きずるわけに行かず酷い目に会いました。

出来れば届けてくれるネットで買った方が良かったです。

ケースだけでも重たいのに中身が入ると持ち運びは出来ないと思います。

パソコンはディスクトップ

今流行りの省スペースのディスクトップパソコンはディスクトップの意味がないと思います。

省スペースを重要視するならノートパソコンで良いと思います。

後から拡張性のある普通サイズのディスクトップがお勧めです。

どこかが壊れたとか、CPUクーラーを付けたいとかHDDを別に増やしたいとか、後から絶対と言っていいほど省スペースを購入すると後悔します。

後からカスタマイズ出来るようにパソコンは普通サイズのミドルタワーがお勧めです。

省スペースはノートパソコンと同じくらいカスタマイズ出来ません。

何年も使う物ですから、絶対に後からの拡張性に優れたパソコンを購入しましょう。

お勧めBTOパソコンは64ビットと拡張性

① CPUはどんな作業をするかによりますが、いつもする作業ではなく、たまにでも不荷のかかる作業でCPUを決めると良いと思いますが、どんな作業でもCORE i3以上のCPUがお勧め!どうしてかというとOSのアップデートやらウイルスソフトのアップデートなど、他にも色々とデータがたまっていきますと重くなったり処理が遅くなったりします。

② メモリは最低4GB以上で出来れば8GB欲しいです。

memori

これは何も作業のしていない状態のパソコンですがメモリが何もしていないのに3GBも使用しています。

最近のパソコンはOSを動かしているだけでメモリを使用しますが、動作が遅いや重いはメモリ不足です。

仮装メモリと呼ばれるものがパソコンには付いていますが搭載しているメモリで補えない時に仮装メモリが使われますが、それはハードディスクの中に入っているので動きが遅くなったり重くなったりします。

ですからメモリは大容量がお勧めです。

③ これはメモリを大容量搭載する為なのですがOSは64ビットがお勧めで、32ビットのOSでは4GBまでしか搭載出来ず64ビットはWindows 7 Home Premiumは最大16GBのメモリ搭載が可能でWindows 7 Professional / Ultimateは最大192GBのメモリ搭載が可能です。

こんなに大容量は必要ありませんが8GBは欲しいところです。

私は今まで8GBも見たことがないので仮装メモリも削除しています。

④ 拡張性はこれでほとんどが決まりますが、CPIスロットなど空きスロットが有るのかどうかで違って来ます。

後からビデオカードを付けたいとか、ゲームをするようになったからグラフィックボードを付けたいとか様々です。

私はビデオキャプチャーボードをCPIスロットに挿しました。

スロットに空きがあるかどうかはとても重要です。

微々たるものですがハードディスクの容量が増えます。

以上でお勧めのスペックはおしまいですが、後は個々にあったパソコンを選びましょう。
Monarch XT -   モナーク XTが私のお勧めするスペックです。











  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)