株・証券取り引きで損をしない方法

私が株を始めたのが2005年か2006年頃でした。

とりあえずイートレード証券に口座を開いて100万円を入れて始めました。

日経平均が17500円ぐらいの時でした。

その後すぐにホリエモンが捕まり、村上ファンドが捕まり、山一証券がつぶれリーマンショックでどん底まで下がった日経平均は9000円を割り込む非常事態です。

日経平均が半分以上下がったので始めたばかりの私がもうかるわけもなく、下がっては売って下がっては売ってを繰り返してお金がなくなりました。

どん底の時に始めればよかったのですが最高潮の時に始めたものですから、素人の私が儲かるわけがなく、損ばかりしていました。

1時期7500円以上していたトヨタ自動車の株も3500円くらいまで下がってました。

1度私も買いましたがもの凄い下がり方をしたのですぐに売りました。

売ったり買ったりすることを売買と言いますが、どんなけ下がろうが売買しないでいれば損はしないって事です。

売買手数料で段々とお金が減っていきます。

トヨタ自動車も7000円を割った時に買ったのですが、急降下したのであわてて売りました。

が 今も10年間持ち続けたら損はしていないで、逆に儲かっていたのです。

今8500円にチョッと届きませんが1500円は儲かっていました。

何だ1500円かって思われる方もいると思いますが大体売買単位というのがあって100株~1000株ってのが多くあってトヨタ自動車が100株だったかな、1500円×100株です。

まっそれでも大した額ではありませんが売買さえしなければお金は減らないって事です。

ホリエモンの会社ライブドアの株を買って持っていたら、ただの紙くずとなり、買った分のお金はまるまる損をしますが、つぶれそうもない会社の株を買って売買しなければ損はしないって事です。

株価は下がっていても売買しなければ確定しなくて損はしないってことです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

株価が下がったら2倍買う

安い株を買って下がったら2倍の株を買うのが損をしない方法だそうです。

安い株を見つけて買った時の株価より下がったら、2倍買う。

たとえば100円の株が80円になったら100円の時に買った株と80円の時に買った株とで300株あるって事です。

さらに70円まで下がったら今度も倍買うので2倍の倍で4倍です。

100円の時に買った株と80円の時に買った株と70円の時に買った株で合計700株持ってることになり10円上がったら70円上がったことになります。

この時点の損益が100円だった株価が70円まで下がったので100円で買った株が30円の損益で100株で3000円

80円の時に買った株が倍の200株ですから70円まで下がってますから10円×200株で損益が1000円です。

さらに70円の時に買った株が倍の倍で400株買って下がっていないので損益はありませんので、100円の時の損益3000円と80円の時の1000円で合計4000円です。

この銘柄が10円上がったら80円になって700株持っているので7000円の利益です。

全部で4000円の損益だったのに逆に3000円の利益を出しています。

と 上手くは行きませんが、100円の時に買った100株と80円の時に買った200株と70円の時に買った400株は平均化されます。

100円の株が30円下がって70円になったので、700株もあったら相当な金額の損益になりますが、下がった時に買っているので全てが100円の時の購入ではありません。

70円の時に400株買った株は全てが利益になり、80円の時に買った200株も損益もなしになり、損をしているのはこの時点で100円の時に買った100株だけですのね損は簡単に取り戻せるって事です。

ただ売る時が問題で「もうすっこし我慢したら上がったのでは」とか売り時が問題なんです。

自分で決めた時に売って、上がっても見向きもしないで違う銘柄に行く覚悟で売りましょう。

この方法と上りチャートの線を見て買うと損はしないはずです。

今頃そんなことを言われても私は散々やられた後ですからお金がありません。

お金がない時に株価が上がっても、取り返せません。

余裕を持った買い方がお勧めな方法です。

良いころで売買して儲けを増やしていきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)