タブレット契約には2種類の方法がある

iPad2Wi-Fiスマートフォンやタブレットはインターネットやメールなどを楽しむにはパケットプランに入る必要がありますが、もし貴方の携帯電話がスマートフォンだったら、タブレットと関連付けしてスマートフォンだけしかパケット代はかかりません。

タブレットとは良く言われるWIFI対応と呼ばれるものと、どこでもインターネットを楽しめるものと2種類あります。

WIFI対応のタブレットはホテルやカフェなどインターネットに接続出来る環境の場所ではインターネットを楽しめますが、家でプロバイダと契約していないとインターネットに接続することは出来ません。

プロバイダと契約していても古いルーターなどはセキュリティキーが書いていない場合がありますので設定が難しいです。
もしセキュリティキーが書いてあるルーターをお使いなら問題はありませんが、古いタイプで書いていない場合は接続が難しいです。

電話会社で購入される場合はパケットプランも選べますが、電器屋さんとかで購入されるとパケットプランが選べない時があります。

WIFI対応で良いという人はどちらで購入しても良いのですが、もし携帯電話がスマートフォンでインターネットを楽しめる環境ならタブレットを購入してもスマートフォンとひもづけしてタブレットはパケット代がかかりません。

パケット代ってようはプロバイダみたいなものでインターネットに接続してくれる会社の事です。

■WIFI対応って聞こえは良いですが、まっプロバイダ料金がかからないシステムでWIFI対応している環境下でないとインターネットに接続出来ません。
手軽に購入出来て、面倒な手続きも要らず、プロバイダ契約もしなくていいので購入は楽です。
家でパソコンとかがありプロバイダ契約している人はセキュリティキーを登録してインターネットに接続して楽しめますが、家にパソコンがあるから家ではタブレットは使わないって人はWIFI対応で十分だと思います。
会社やホテルなどでしかタブレットは必要ない人はWIFI対応で十分でしょう。

■歩きながら地図を表示してナビ見たいに使うとか、まっ使い方とかは様々ですが、どこでも楽しめるのが、電話会社で購入できるパケット型のタブレットです。
スマートフォンを持っていてパケットプランに入っていてどこでもインターネットに接続出来る環境の人はタブレットも通信型のタブレットを購入した方が良いです。
スマートフォンと関連付け出来ますから、タブレットのパケット代は無料で済みます。
家ではプロバイダ契約していない人で、スマートフォンを使っている人はパケット代が無料になるのでこちらが断然お勧めですが、スマートフォンでない人でプロバイダとの契約もしていない人はタブレットのパケットプランの料金とプロバイダの料金を比べて購入すると良いと思いますが、プロバイダと光回線にした場合は業者が違うので混乱しがちですが、プロバイダとはヤフーとかOCNなどで光回線はNTTです。

どこでもインターネットに接続出来るのも良いと思いますが光回線でプロバイダ契約も速くて良いです。

■タブレットには2種類の購入方法があって1つはパケット代のかからないWIFI環境でしかインターネットに接続出来ないもので、手続きも要りません。

もう1つはどこでも通信出来るタイプです。

ご自分にあったプランを選んで購入しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)