リカバリーディスクの作成

メーカー品のパソコンを買うとリカバリーディスクを作成しないとならない物がありますが、「リカバリーは出来ないから」とかそんな理由で作っていない人が多すぎです。

あなたもひょっとして作っていないのでは…

自作パソコンの場合はOSを新たにインストールしないと行けませんが、メーカー製パソコンは自分でディスクを作成しないと行けません。

リカバリーディスクを作成するとOSばかりでなくソフトなどのアプリケーションも一緒に作成されます。

何かパソコンの調子がおかしいなどはお店で買った時と同じ状態までにしてくれます。

全く新しくしなくても修復したりもできます。

リカバリーディスクは必要としないのが1番ですが、何かあった時の為の保険のようなもので必ず作っておきましょう。

私はリカバリーしていないパソコンが無いくらいにリカバリーしています。

リカバリーしていないのは、今使っているノートパソコンくらいです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

リカバリーディスクの作成

この自作のパソコンも1度OS Windowsを再インストールしています。

まずパソコンを購入してOSが立ち上がったらインターネットにつなぐ前にリカバリーディスクを作成しましょう。

私のノートパソコンはリカバリーディスクがDVDで5枚作成されました。

リカバリディスク

これで何が起きても安心です。

作成しとかないと、何かあったときにOSを買わないといけない事態になったりしますので必ず作成しましょう。

作り方は各メーカーのヘルプを参照してそこのヘルプ内でリカバリーディスクの作り方を探しましょう。

Windowsのヘルプではありませんよ。

SONYならSONYのヘルプです。サポートと言うかもしれませんが。

それと同じくらい大事なユーザー登録していないと保証期間でも保障されません。

リカバリディスクの作成とユーザー登録は絶対に必要です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)