Word pressをプロバイダの無料サイトへULは難しい

プロバイダと契約して加入してもサイトを運営するのって結構大変で、私はHTMLが読めないし書けないしでどうしようもなくホームページビルダーを使っています。

それも昔のタイプでワードプレスは読み込みできません。

一般的なサイトはHTMLで構成されていて<title>ホームページ</title>なんてな感じですが、これさへ解らないのにWord pressはphpファイル形式なので余計にわかりづらいです。

そもそもワードプレスで使用しているphpファイルは対応していないプロバイダが多く、プロバイダの無料サイトでは使う事が出来ない所がほとんどです。

もしもphpファイルに対応しているプロバイダと契約したら無料でホームページが持てますが広告を載せて収益目的ならお勧めしません。なぜなら容量制限があるからです。

更新やページ数を増やしていくとすぐに容量が一杯になってしまいますのでアフィリエイト目的には向いていません。

そしてサイトを開くソフトもWord pressをアップロードするのは難しいです。

最近のプロバイダではWord pressに対応しているところもあると思いますが、プロバイダによっては無理です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ホームページビルダー

ホームページビルダーってホームページを立ち上げるのに簡単なソフトがありますが私が持っているソフトでバージョン12だったと思いますが17か18まで行かないとWord pressを読み込めないはずです。

バージョンの新しいソフトはWord pressを読み込めるのでFTPソフトを使って簡単にプロバイダの無料ホームページにアップ出来ます。

しかし最初だから無料で良いやではなく最初からアフィリエイトで稼ぎたいならレンタルサーバーを借りるのが良いと思います。

Word pressは無料で使用できますが、レンタルサーバーを借りるのは年間で4~5000円ほどかかります。

がその金額を払えるようにはすぐになりますので容量のたっぷりあるレンタルサーバーをお勧めします。

最初は無料で良いんだなんて考えていたら大変な思いをしますよ。

プロバイダの無料で使えるサイト容量も制限がありますし、引っ越しする時も301リダイレクトを上手く設定しないとGoogleさんにスパム扱いされて検索されないなどがおきます。

.htaccessファイルに対応していないプロバイダも多く上手にリダイレクトが出来ない時があります。出来たとしてももの凄い時間と労力がかかります。

私も最初は無料で良いやって思っていましたが、すぐに容量が一杯になり結局はレンタルサーバーを借りることになりましたが引っ越しが難しいです。

引っ越しは難しい方には入らないと思いますが、引っ越しが終わった後の処理に時間がかかり面倒な作業が待っています。

その間に何ページの記事が書けるのか…

引っ越しした後の文字色や太さリンク普通の文字以外ほとんどが治しに時間を取られます。

検索サイトにも影響が出ます。

引っ越しが面倒で古いサイトを削除して新しいサイトをアップしても古いサイトは「404でページが見つかりません」で済みますが検索にはしばらく残っていますので、新しくアップしたサイトがスパム扱いされる時がほとんどで、それはお勧めできません。

古いサイトが検索から消えるのに1カ月以上かかります。

グーグルに削除申請しても同じです。

どちらにしても面倒な作業がありますからサイトを開くにはレンタルサーバーを借りた方が無難です。

覚えやすい自分だけのドメインを取得してレンタルサーバーを借りればWord pressは無料でサブドメインやディレクトリーなどページを増やしてもWord pressは無料でいくらでも使えます。

それからレンタルサーバーとプロバイダは全く別物でインターネットに接続してくれるのがプロバイダでそこの一部分だけを貸してくれるのがレンタルサーバーです。

詳しくはこちらの記事に書いています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)