WIFI環境やWIFI接続はプロバイダーと同じで無線のこと

よく耳にするWIFIとは無線LANのことでファミレスやホテルなどがプロバイダー契約していて無線で電波を飛ばしてお客さんにインターネットを楽しんでもらうサービスだ。

家がプロバイダー契約していてそこにスマホなどを持ってきてWIFI接続するのと一緒でプロバイダー契約していて無線LAN接続しているのと一緒だ。

今は色々なところでWIFI接続してインターネットが楽しめるが、全てお店などがお客さんを呼び込むためのサービスとして各お店でプロバイダー契約していて無線を飛ばしてるだけだ。

プロバイダー契約していて無線で電波を飛ばしていることを簡単にWIFIと言っている。

WIFI環境に行けば全ての端末でインターネットに接続出来る。

プロバイダー契約していて有線で接続はWIFIとは言わない。

WIFIつまり無線で飛ばすことで邪魔なLANケーブルがいらないし、お店ではケーブルだらけになることもなく、お客さんの分だけケーブルを用意することもない。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

WIFIとは無線LANのこと

自分の家がプロバイダ契約してないとするとインターネットには接続できない。

でもWIFIと書いてあるお店に行くと端末を持っていけばインターネットに接続できる。

今流行りのsimフリースマホも格安simを入れて使っている人は、WIFI環境で接続すればタダでインターネットに接続出来て動画を楽しんだり、高速なゲームも出来る。

IMG_3280

対外キャリアで契約している人は7Gと制限がかかっていると思うが1カ月に7Gで足りない人はWIFI環境のところに行って接続することで無料で使えるが、ただしWIFI環境に行ったからって黙ってて接続になるわけではない。

黙っているとただ自分の契約しているところの電波を使っている。

設定をしないとWIFIには接続にならない。

各電話で設定は違うので各自で設定は行ってほしい。

ただ1度設定すれば2度目からは自動で接続になる。

スタバやマクドナルドによく行く人はそこのWIFIを利用することで自分の容量は使わなくて済む。

各お店、スターバックスやマクドナルドなどサービスでおこなっているので違法ではない。

各お店がプロバイダー契約していて無線で電波を飛ばしてWIFI環境を作り出しているのも、お客さんを呼び込むためだから別に違法でも何でもない。

使いたいだけ使ってほしい。

でもコーヒー1杯で何時間もいられないと思う。

常識ある人間には出来ないまねだが、出来る人はお店側から注意されるまでする人もいるを思う。

全ての端末にはインターネットに接続するための子機が入っているので、親機の置いてある所に行けばインターネットに接続できる。

スマホは携帯電話ではなくパソコンだ

ガラケーではインターネットに接続するときには注意事項が出るが、電話が専門でおまけとしてインターネットもチョコっと出来る程度だ。

だがスマホは逆でインターネット接続できるモバイルパソコンでおまけに電話が付いているようなものだ。

スマホの料金を抑えるためにみんなsimフリーのスマホ本体を買って格安のsimを入れて使っていて、WIFI環境に行ったらWIFI接続して安く済むように努力している。

別にどことも契約しなくてもWIFI環境に行けばインターネットに接続して高速回線でたのしめる。

スマホを格安で使っている人はWIFI環境の高速回線でないと動画などは見ないようにしている。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)