IPアドレスの固定方法

IPアドレスはパソコンを購入した時は自動で取得になっているのでポートを開放したら固定しなければなりません。

ポートを開放してIPアドレスを固定するときは複数台のパソコン全てのIPアドレスを固定しないとIPアドレスの競合が出てインターネットに接続出来なくなります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

IPアドレスを固定

IPアドレスの固定方法を写真と一緒に説明します。

いろいろな行き方がありますが、タスバーから行く方法です。

まずタスクバーにあるパソコン画面のようなアイコンをクリックです。

task

すると上にネットワークと共有センターが開いたら赤く囲った所「ネットワークと共有センターを開く」をクリック

すると画面が変わりますので「アダプターの設定と変更」をクリックします。

WS000005

また画面が変わりますので「ローカル エリア接続」を右クリックです。右クリックですよ。

netprop

また新しい画面が開き「ローカル エリアのプロパティ」が開きますのでそこで「インターネット プロトコル バージョン4(TCP/IPv4)」を選んで青くしたら右下のプロパティをクリックです。

WS000007

すると画面が変わりIPアドレスの固定画面に行きます。

WS000015

IPアドレスの確認をしてそれと同じで無くてもいいですが、違うのは下1ケタだけです。

IPアドレスの確認方法はこちらで確認してください。

デフォルトゲートウェイのIPアドレスは確認したものと同じものを記入してください。

下の「次の DNS サーバーのアドレスを使う」では、デフォルトゲートウェイのIPアドレスを記入してください。

記入してOKボタンを押したら再起動です。

次からは必ず固定化されたIPアドレスでログインしますのでポート開放もそのまま使えます。

以上やってみてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)